インドビジネスの可能性を探る

インド(チェンナイ)、IT企業で営業チームに参加し、自らアポイント取りから、企業訪問を行う中で所属企業商材の現地展開の可能性を探る。

派遣国・都市インド(チェンナイ)
受入機関業種・概要IT(情報通信)
製品ライフサイクル改善事業・業務アプリケーション統合を主としたソリューションやサービスを提供
インターン所属元企業の業種とインターンの職種情報通信
プロジェクトマネージャー(システム開発)
派遣期間1ヶ月間
インターンのご要望
  • インドでビジネスを広げる(所属企業の専門分野にて)
  • 受入機関と日系企業の継続的関係性を1社でも持てるようにする。
インターンシップ内容
  • 日本とインドにおける市場調査。日系企業へのアポ取り、訪問営業結果についてディスカッション。レポート作成
インターンの成果
  • 営業チームで検討した日系企業へのアポイント取りに成功したため、営業の課題解決はできたと考える。受入機関の製品販売の戦略もその中で学ぶことができた。アポイントが取れた2社と受入機関は、今後も継続的関係性を持つことができると感じ、インターン生としての役割は果たせたと思う。顧客の中で、受入機関製品の他に、所属企業のソリューションが適用できるかもしれない話があったため、帰国後は、今後インドへのソリューションが提供できないか検討する。