英語で現地の人と一緒に働き、現地事情を理解する

フィリピン、異文化環境下で英語でのコミュニケーション能力を高める

インターンの所属元企業の業種、インターンの職種新入社員 (配属前)、製造(機械・自動車)
派遣国フィリピン
語学研修期間3ヵ月
TOEICスコア100点台から500点台へ向上
インターンシップ期間1ヵ月
受入機関業種フィリピン製造(金型)企業3社
目的、目指す成果
  • 異文化に触れ、現地の方々と交流を持つことで海外での労働について見識を深める。
  • 所属企業とまったく違う製品・機械に触れることで、今後日本で取り組みたい、生産の技術向上につなげる。
  • インプットとアウトプットの双方を自ら積極的に行い、現地の方からもパフォーマンスについてフィードバックを得る。
成果
  • 英語の能力が上がり、それにともなってコミュニケーション能力も以前に比べて格段に上がったと思う。
  • 日本との労働時間の違いや働くことに対する考え方の違い、国民性による違い等が大きく違うことが分かった。
  • 4ヶ月間で体調を崩したり、戸惑うこともあったが、乗り切れたことが自信につながった。
  • 現地では積極的に行動することを意識し、どういった点で現地が問題を抱えているのか、情報を入手し、課題に対する改善案や報告書を提出した。
  • 今後は、フィリピンで経験した、積極的に行動すること、相手にとって分かりやすい説明をすることを活かして仕事に取り組んでいきたい。