一般財団法人海外産業人材育成協会は、2017年7月1日より英文名称を
The Overseas Human Resources and Industry Development Association (HIDA)から
The Association for Overseas Technical Cooperation and Sustainable Partnerships (AOTS)に変更いたしました。

この度ドメイン名変更に伴い、ホームページURLが変更されました。 誠に恐れ入りますが、「お気に入り」「ブックマーク」等にご登録いただいております皆様は新しいURLにて登録しなおしていただけますようお願いいたします。
変更前:http://internship.hidajapan.or.jp/student.html ⇒ 変更後:https://ari.aots.jp/internship/student.html

前へ
次へ

 教育のグローバル化が進むにつれ、学生の皆様を対象にした「海外ビジネス体験型インターンシップ・プログラム」へのニーズが高まってまいりました。
こうした現状を踏まえ、AOTSでは、半世紀以上にわたり培った海外ネットワークと豊富なグローバル教育の経験を活かし、短期型インターンシップ・プログラムを企画、実施しています。

 現在グローバルビジネスの現場で活躍している人々の中で、日本の恵まれた環境の中にいながらグローバル人材になった人は一人もいないでしょう。
彼ら・彼女らは皆、海外で自らが異文化に置かれる状況の下、失敗し、とまどい、驚き、様々な状況を乗り越えながら異文化ビジネスの経験を重ね、ようやく一人前のグローバル人材になっていったのです。

 「グローバル人材」や「海外インターンシップ」に少しでもご興味・ご関心があれば、成長著しい東南アジアや南アジアの新興国に飛び出て、実際にグローバルビジネスの一端を体験する本プログラムはいかがでしょうか。 日本とは全く異なる環境の下で行われるインターンシップに挑戦することは、参加した方々を一回り二回りも成長させてくれるに違いありません。

 AOTSの<新興国チャレンジ海外インターンシップ>は、グローバル人材として必要な、異文化の中で発揮できる「自主性」と「チームワーク」の両方を醸成しながら、「新興国のグローバルビジネスの今」を体感できるよう開発されたプログラムです。 このプログラムを通じ、学生時代の間にグローバル人材になるための準備を行うことをお勧めします。 高い意識を持って行動し、努力し、研鑽し、そこから何かをつかみ取ったタフなグローバル人材の卵が、社会から強く求められているからです。
 経済のグローバル化に伴い日本企業は海外に事業展開しなければならない時代ですが、そうした企業の多くはグローバルに活躍できる人材が足りず困っているというのが現状なのです。

2016年度に参加された方の体験談とインタビュー記事をUpしました。
体験談はこちら。インタビュー記事はこちら。


こんな方にお勧めです!

大学のゼミで学んでいる「東南アジアの中小企業」を調査するため(ーゼミ単位のフィールドワークとして)
将来、グローバルに活躍し、日本と世界のかけ橋になる仕事がしたいという夢がある
将来海外で働くため、残りの学生時代に何をどれだけ勉強したらよいのかつかみたい
欧米ではなく、新興国でのインターンシップに挑戦してみたい
自分がグローバルに活躍できるかどうか、適性を知りたい
これまで何かを必死にやった経験がないので、一つでいいから打ち込めるものがほしい!


お問い合わせ


  • ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
  • 【問合せ先】 一般財団法人 海外産業人材育成協会(AOTS) AOTS総合研究所 ビジネス推進グループ
  • Tel:03-3888-8215 (9:00~18:00)
  • お問い合わせフォーム


ページのトップへ戻る