一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)は、主に開発途上国の産業人材を対象とした研修および専門家派遣等の技術協力を推進する人材育成機関です。
2004年から始まったインターンシップ事業では、日本に住む社会人と学生を新興国の民間企業や公的機関等に派遣しています。実践的な就業体験の機会を提供することで、日本企業の海外展開を担う人材の育成と今後の事業展開に有益な人脈の構築に貢献しています。

名称
一般財団法人海外産業人材育成協会
The Association for Overseas Technical Cooperation and Sustainable Partnerships

略称は AOTS(エーオーティーエス)です。

  • 設立:1959年(昭和34年)8月10日
  • 基本財産:7億円
  • 事業規模:約82億円(2019年度予算額)
  • 実績人数:国内外での研修:約40万人(1959年度~2018年度までの累計)
  • 海外への専門家派遣事業:約9,700人(1970年度~2018年度までの累計)
  • インターンシップ派遣事業:約1,290人(2004年度~2018年度までの累計)
  • 事 業 所
    国内拠点:事務所[東銀座所・北千住]、 研修センター[東京・関西(大阪市)]
    海外拠点:バンコク、ジャカルタ、ニューデリー、ヤンゴン
  • 職員数:170人(2019年6月現在、有期契約職員含む)