新興国ビジネスの「今」を体感

インターンシップ先となるのは派遣国の現地企業。インターンとして、ローカル社員とともに業務に取り組んでいただきます。
受入機関は参加決定後、参加者の志望業界ならびに語学力を勘案し、決定いたします。
SDGs(Sustaibnable Development Goals)に取り組むインターンシップのご提案も可能です。
※ご要望に応じて、SDGsカードゲームのワークショップの実施も可能です。

過去の派遣者のインタビューはこちら


豊富な派遣実績

アジア、アフリカ、中南米等の新興国26か国へ1,290人の派遣実績あり (2004~2017年度累計、政府委託事業を含む)。
AOTSの実績の詳細はこちら


安心のサポート

インターナショナルSOSサービスの利用など、危機管理体制を整えて派遣いたしますので、安心してインターンシップに取り組んでいただけます。
事前研修(出発前)と、事後研修(帰国後)を実施。はじめての方にも安心してご参加いただけます!
AOTSの安心のサポート詳細はこちら


こんなあなたにお勧め!

  1. 旅行や留学にはない経験ができる!!
    現地受入機関での就業体験(インターンシップ)を通して、旅行では見ること・体験することのできない、派遣国のビジネス習慣や文化を学ぶことができます。
  2. 自身の英語力を試したい!
    外国語を学ぶのではなく、「外国語を使って」現地の人と共に働き、異国で生活する経験から、異文化への適応力やコミュニケーション能力等を学ぶことができます。
  3. 貴重な夏休みを、自己成長の時間にしたい!
    短期でも「新たな気づきを得る」インターンシップを体験してください。
  4. 将来は海外に関わる仕事に就きたい!
    「海外で働く」ことを体感した上で、就職活動に活かせる経験を大学生の間に体験してください。
  5. 自分の殻を破りたい!
    日本人が周りにいない環境で過ごすことで、自分の可能性に挑戦できます。(日本語対応可能な受入機関の提案はご相談ください。)
  6. 安心して挑戦したい!
    自分の力を試したいけど、海外での生活に慣れていないため、不安な方も、日本文化に理解のある現地の方々が生活面でもサポートをしてくれるので、安心してインターンシップに取り組むことができます。