春休みや夏休み等の長期休暇を利用して、海外で就業経験を積むこと。
短期から長期まで期間はありますが、成果を求めるなら断然3週間以上の長期をお勧めします。

インターンシップの目的

  • 大学に在学中に、企業等で「働く」体験をし、経験を積むことができる!
  • 就職(活動)前に企業の中身を知ることができる!
    ⇒自分が将来、何を仕事としたいのか、見つけるヒントを得ることができます。
  • 業種・職種を知ることができる!
    ⇒既に興味のある仕事について、海外のビジネスを学びながら、就業経験ができます。
  • 在学中にスキルや経験を得ておくことが、就職活動そして、卒業後の仕事に活用できます!
    ⇒未経験歓迎の日本企業でも、「海外での就業経験がある」「海外市場、文化、ビジネス習慣について知っている」というのは、特に海外志向の強い企業への就職活動でのメリットのひとつです。

大学生の間に、「企業で働くということ」、「どういった仕事があるのか」、「何を求められているのか」就職前にイメージを持つことは、就職後の仕事に対するモチベーションに影響します。また、卒業前にどういったスキルが必要なのか、知り、伸ばすことができます。

インターンシップの種類

  • AOTSのインターンシップは無給です。
    ⇒その分、現地では指導員をつけて仕事について学ぶことができます。勿論、インターン生のスキルにより、さらに挑戦できる環境を求めることも可能です。
  • 海外で、あえて留学ではなく「働く」経験を積むことで、語学学校とは違う、生きた英語(もしくは現地語)で、現地の人達と交流ができます。その分ハードルは高いです。しかし、挑戦できる場がそこにはあります。また、語学に不安な学生向けに、語学学校を含めたインターンシッププログラムのご提案も可能です。
  • 大学での単位認定されるインターンシップもあります。
    ⇒ご所属の大学のプログラムに認定されているかご確認をお願いします。

インターンシップの期間

AOTSのインターンシップでは、短期2週間~提案可能ですが、成果を求めるのであれば、最低でも3週間は必要になるかと思います。長期であればあるほど、現地の文化だけでなく、仕事内容や職場に慣れるので、挑戦できる幅が広がります。